に投稿

はじめに

 「ラテンアメリカの現在」は、ラテンアメリカ・カリブ海地域での民衆の社会運動を軸に、その背景となる政治・経済的なニュースをピックアップして紹介するページです。

 2000年代以降、この地域では、新自由主義的グローバリゼーションに抗する社会運動の活発化と連動した「左派・進歩派政権」が台頭してきました。しかし2010年代になって次第に、左派政権の政策面での行き詰まりや右派勢力の巻き返しなどが起こり、ラテンアメリカ社会自身がいろいろな意味で分岐してきています。
 とりわけ、米国ではトランプ政権による介入主義的な対応が強まり、各国内でも権威主義的な政治の傾向が顕著になっています。

 こうした情勢の複雑な変化を踏まえつつ、ラテンアメリカ社会が現在から未来にわたってどう変化していこうとしているのかをできるだけ事実を踏まえ、読み解きながら考えていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

(雑誌『アジェンダ』でも「ラテンアメリカの現在―分岐する世界の中で―」というタイトルの連載記事を書いています。)

に投稿

コロナ禍のキューバ社会

はじめに

 キューバ国内で新型コロナウイルス感染者が確認されてから6か月が過ぎました。政府の対策もあり6月下旬に一旦は感染拡大が抑制され、人との物理的距離やマスクの着用など、一定の公衆衛生上の措置を守りながら徐々に経済活動を再開し、日常生活が戻りつつありました。

 しかしその後、地域によって差があるものの、再び感染の拡大局面へと後戻りする状況になっています。また、日常生活ではモノ不足による商品の買占め、転売行為が目立っていて、社会全体を蝕んでいます。今回のレポートではこうした点に焦点を当てながら「コロナ禍のキューバ社会」について考えていきたいと思います。

に投稿

コロナ禍、債務問題に苦しむアルゼンチン

 コロナ禍にある今年5月、アルゼンチンは史上9回目のデフォルト(債務不履行)状態に至りました。これについてはすでに日本のメディアでもいろいろと報道されています。
 なぜアルゼンチンが新たにデフォルトになったのか、それから脱却するためにどのようなことが行われているのか、債務支払いを拒否すべきと訴える社会運動の主張も含めて、最近のアルゼンチンの債務問題をめぐる動きをまとめてみました。

に投稿

コロナ禍のラテンアメリカ・カリブ地域

 今回は、コロナ禍のラテンアメリカ・カリブ地域の経済状況、取り組むべき課題は何かについて、国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(CEPAL)の報告を通じて概観します。

(1)感染拡大が続くラテンアメリカ

 ラテンアメリカ地域では、新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、「エピセンター(震源地)」とも言われています。感染者数の多い世界10か国の中に次の5か国が入っています。(米ジョンズ・ホプキンス大学調べ。8月18八日時点)

・ブラジル  累計感染者数(335万9570) 死者数(10万8536)
・ペルー   累計感染者数(53万5946) 死者数(2万6281)
・メキシコ  累計感染者数(52万5733) 死者数(5万7023)
・コロンビア 累計感染者数(47万6660) 死者数(1万5372)
・チリ    累計感染者数(38万7502) 死者数(1万513)

(2)ラテンアメリカの経済状況

 パンデミック(WHOが宣言したのが3月11日)以降、国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会が同地域の経済状況についての報告を定期的に公表していますが、ここでは2つの報告を紹介します。

に投稿

〈危機〉の中のベネズエラ

 ここにあげた以下の文章は、「アジェンダ」66号(2019年秋号 2019年9月15日発行)に「ラテンアメリカの現在」の第1回として掲載したものです。

 前回の配信(7月27日投稿)ではベネズエラの新型コロナウイルスの感染状況と経済状況について簡単に書きましたが、感染が広がる以前の状況について少し触れておきたいと思いましたので、約1年前の文章ではありますが、ここに掲載することにしました(一部変更あり)。ですので、言及しているデータや人物の肩書などは掲載当時のままとなりますので、よろしくお願いいたします。

(1)高インフレに苦しむベネズエラ経済

 ベネズエラでは、深刻な〈危機〉が続いています。本稿では経済面と政治面に分けて現状(2019年時点)を見ていきたいと思います。まずはベネズエラの経済状況についてです。

に投稿

ベネズエラ、増加する感染者と経済状況

 今回は、ベネズエラの新型コロナウイルスの感染状況と政府による感染症対策、厳しさを増す経済状況について概観してみます。

(1)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況

ベネズエラ政府の発表(7月26日まで)より。
累積感染者数:1万5463人
死者数:142人
致死率:0.9%
現在感染者数:5575人
 そのうち、4455人が無症状者、1029人が軽度の急性呼吸不全、65人が中程度の急性呼吸不全、26人が重度の急性呼吸不全(集中治療室に入院)
 また、4269人が公立病院、1170人が総合診断センター(プライマリケアを担う公的施設)、136人が民間クリニックで治療を受けています。
回復者数:9746人(累積感染者数の63%)

累計検査数:148万1427件(7月24日まで)
 政府は、PCR検査と簡易(迅速)検査を行っていますが、内訳については定期的に報告されていません。4月19日の時点で、PCR検査が5969、簡易(迅速)検査が33万200、合計33万6169という報告はあります。
 また、5月21日までの時点で、政府の報告をもとに汎米保健機関が推計した数値があります。それによると、合計69万7691(うち、97.7%が簡易(迅速)検査)で、PCR検査が1万6577(推計値)となっています。
※ベネズエラの人口:3222万人(2019年予測値) 国家統計院(INE)より。