アジェンダ第6号(2004年秋号)

¥550

特集  これからのエネルギー

説明

社会問題を考える総合雑誌「アジェンダ」2004年秋号です。

【特集:これからのエネルギー】
<特集>
・勝田忠広(原子力資料情報室)
「日本のエネルギー政策を変える市民のビジョン」

・小林圭二(元京都大学原子炉実験所)
「崩壊する日本の原子力政策」

・飯田哲也(環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長)
「自然エネルギーの可能性」

・中島正明(グリーンピース・ジャパン気候変動問題担当)
「自然エネルギー時代の始まり!? ~自然エネルギー国際会議2004~」

・大泉昭一さん(臨界事故被害者の会)
「「絶対に風化させない」JCO臨界事故」

・時代の曲がり角で

プルサーマルは「ストーブの灯油にガソリンを混ぜて燃やすようなもの」
六ヶ所村再処理工場 ウラン試験強行に反対の声を!
京都に市民参加型の「おひさま発電所」をつくりましょう ―きょうとグリーンファンド
「市民風車」の実践―北海道グリーンファンドの取組み

<その他記事・連載>
・鉄道員のゆうゆう「世界」ひとり旅
・街角レポート

・吉川潤(アジェンダ会員)
「無くしてはならない 在日コリアンの街・ウトロ」

など

2004年9月15日発行 1冊500円(税別)