アジェンダ第20号(2008年春号)

¥550

特集  「少子化ニッポン」の子育て事情

説明

社会問題を考える総合雑誌「アジェンダ」2008年春号です。

【特集:「少子化ニッポン」の子育て事情】
<特集>
・杉本貴代栄(金城学院大学現代文化学部教授)
「なぜ少子化政策は効果をあげないのか? ―少子化政策が抱える二つの矛盾」

・竹信三恵子(ジャーナリスト)
「見過ごされる「男性型働き方」改革」

・大森順子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西理事)
「現代シングルマザーの子育て事情 ~子育て支援は誰のため?」

・普光院亜紀(保育園を考える親の会代表)
「保育園からの叫び」

・河野美代子(産婦人科医)
「医療崩壊」

・川越純一郎(大阪市中央児童相談所児童福祉司)
「少子化のなかの児童虐待問題」

・榊原裕美(大学院生・フィーカ(政策立案・調査、SOHO支援)スタッフ)
「男女差別が国を滅ぼす ―少子化社会の七〇年先輩スウェーデンと私たち」

・力武由美(北九州市立男女共同参画センター ジェンダー問題専門スタッフ)
「ジェンダー平等と少子化をめぐる議論・政策・実情」

・左古かず子さん(あゆみ助産院)
「地域とともに歩んでいける助産院でありたい」

・大湾みどりさん(きょうと教組)
「子育てできる労働条件を整えるのは企業の社会的責任です」

<その他記事・連載>
・鎌田清照(アジェンダ会員)
「レポート 南京大虐殺から70年目の年に南京を訪れて」

・ポン太のうきうきシネマランド
・時代の曲がり角で
・弁護士O(オー)の何かと忙しい日々
・「安全な社会」って何だろう~最近の刑事立法を考える
・変わるラテンアメリカ

など

2008年3月15日発行 1冊500円(税別)