アジェンダ第53号(2016年夏号)

¥550

特集  「民主主義」を考える

説明

社会問題を考える総合雑誌「アジェンダ」2016年夏号です。

今号の特集は「『民主主義』を考える」です。3・11の福島原発事故以降、特に昨年の安保関連法制強行採決に反対して、全国で非常に多くの人々が自らの意思を示すために集会やデモに立ち上がりました。今、「民主主義の危機」が叫ばれ、来月には参院選も迫る中、改めて「民主主義」について考えたいと思います。

【特集:「民主主義」を考える】
<特集>
・伊藤 真(伊藤塾塾長)
「選挙制度と民主主義―議員定数不均衡問題を中心に」

・松島 泰勝(龍谷大学教授)
「現代的な植民地主義の下で生きる琉球人」

・高嶋 伸欣(琉球大学名誉教授)
「不正義社会・日本=歪んだ民主主義を教育で正す」

・中野晃一さん(上智大学教授)
「少数派支配を覆す共通軸は「個人の尊厳を擁護する政治」」

・澤野 義一(大阪経済法科大学教授)
「安倍政権の安保と改憲戦略を問う―「緊急事態条項」導入論を中心に」

<その他記事・連載>
・倪 志敏
「釣魚島(尖閣諸島)はいかにして日本領に編入されたのか ―明治期の公文書が示すその領有過程―」

・時代の曲がり角で
・食をゆたかに ピンチはチャンス!
・弁護士O(オー)の何かと忙しい日々
・変わるラテンアメリカ
・歌壇
・コミックアジェンダ

など

2016年6月15日発行 1冊500円(税別)