アジェンダ第57号(2017年夏号)

¥550

特集  「分断」と「排除」の政治と闘う

説明

社会問題を考える総合雑誌「アジェンダ」2017年夏号です。

今号では「『分断』と『排除』の政治と闘う」を特集しました。
世界的に広がる格差と貧困、終りの見えない「テロとの戦い」、「分断」と「排除」の政治が社会の「亀裂」を深めています。安倍政治が暴走する日本もまた、例外ではありません。こうした政治の流れを押し止め、「社会的連帯」と、誰もが「排除」されることのない社会を創り出していくためには何が必要なのか?

【特集:「分断」と「排除」の政治と闘う】
<特集>
・西谷文和(フリージャーナリスト)
「忘れないこと、あきらめないこと、騙されないこと ―政府とメディアが戦争を捏造する―」

・坂本 旬(法政大学キャリアデザイン学部教授)
「「ポスト真実」時代の政治と教育を考える」

・石橋 学(神奈川新聞デジタル編集部編集委員)
「差別扇動者の話法を問う―公の差別がヘイトスピーチを助長する―」

・大橋さゆり(弁護士)
「大阪弁護士会、ようやくヘイトスピーチ対策チームを立ち上げ」

・俵 義文(子どもと教科書全国ネット21 事務局長)
「安倍「教育再生」政策の危険な展開―道徳の教科化と新学習指導要領―」

・尾上浩二さん(障害者インターナショナル日本会議副議長)
「相模原事件と向き合い、「蜘蛛の糸」社会からの転換を」

・井上 森さん(立川自衛隊監視テント村)
「「平成天皇制」による人権侵害は反対派でないとわからない」

・戸毛敏美さん(NPO大阪府日中友好協会副会長)
「日中友好には、歴史を知り、文化の違いを理解することが大切です」

<その他記事・連載>
・青柳 純一(翻訳家)
「大転換時代の韓国、朝鮮半島―“キャンドル”が照らす平和共存への道」

・時代の曲がり角で
・変わるラテンアメリカ
・「安全な社会」って何だろう~最近の刑事立法を考える
・食をゆたかに ピンチはチャンス!
・歌壇
・コミックアジェンダ

など

2017年6月15日発行 1冊500円(税別)