アジェンダ第60号(2018年春号)

¥550

特集  原発に未来はない!

説明

社会問題を考える総合雑誌「アジェンダ」2018年春号です。

福島第1原発事故から7年を迎え、今号の特集は「原発に未来はない!」
エネルギー供給、核のごみへの対応、発電コスト、福島第1原発の現状や避難者の問題など、さまざまな観点から、もはや原発の時代は終わっていることについて、要領よく簡潔に、わかりやすく明らかにしています。

【特集:原発に未来はない!】
<特集>
・飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
「自然エネルギー一〇〇%未来に向かう世界 ~逆走する日本と地域からのエネルギーデモクラシー~」

・末田一秀(核のごみキャンペーン関西)
「高レベル処分有望地マップを機に脱原発の声を拡げよう」

・伴 英幸(原子力資料情報室 共同代表)
「事故から七年、困難さ増す廃炉への道」

・鹿島啓一(弁護士)
「原発裁判の現状と課題」

・槌田劭さん(使い捨て時代を考える会 相談役)
「終焉に向かいつつある原子力発電 消費者の責任を自覚した「原発の電気を買わない」運動を」

・アイリーン・美緒子・スミスさん(グリーン・アクション/避難計画を案ずる関西連絡会)
「市民の行動が原発再稼動を止めてきた!」

・菅野清一さん(福島県川俣町町議会議員)
「原発事故と賠償のあり方が福島に暮らす人々の間の分断を拡げている」

・萩原ゆきみさん(原発賠償京都訴訟原告団共同代表)
「『避難の権利』を裁判で認めさせることは避難者・被災地だけの問題ではありません」

<その他記事・連載>
・青柳純一(翻訳家)
「平昌オリンピックが開く平和への道 ― 米・朝核危機の平和的解決を求めて」
・藤岡惇(立命館大学名誉教授)
「陸上イージスは核ミサイルを撃墜できるのか」

・時代の曲がり角で
・食をゆたかに ピンチはチャンス
・変わるラテンアメリカ
・歌壇

など

2018年3月15日発行 1冊500円(税別)