アジェンダ第71号(2020年冬号)

¥660

特集:どう防ぐ? 豪雨災害

説明

社会問題を考える総合雑誌「アジェンダ」2020年冬号です。

【特集 どう防ぐ? 豪雨災害】

グラビア  石木ダム・強制収用の地に生きる
(※冊子の表紙と目次の「収用」の表記を誤って「収容」としてしまいました。正しくは「収用」です。申し訳ありません。冊子には正誤表を入れさせていただきます。)
コラム   ダムを考える~表紙の写真・日吉ダム

<特集>
・大熊孝(新潟大学名誉教授)
「繰り返される豪雨災害、治水をどう改めるべきか ~2020年7月球磨川水害から考える~」

・伊藤久雄(認定NPO法人まちぽっと理事)
「自治体の治水・防災対策―地域からできることを考える」

・レポート 集中豪雨による都市型水害―東京都の浸水対策について

・津久井進(弁護士)
「日本の災害対策法制について」

・<解説> 土砂災害について
・レポート 京都市市民防災センター「体験プログラム」
・特集解題 <資料> 2013年以降の主な豪雨災害

<特集外>
・青柳純一(金起林記念会共同代表・翻訳家)
「韓国市民社会に学び、現代日本を思う(7) 2021年、今後の南北関係と日本」

・書評
『アイヌの権利とは何か 新法・象徴空間・東京五輪と先住民族』

・映画評 「娘は戦場で生まれた」
ワアド・アルカティーブ/エドワード・ワッツ監督
2019年 イギリス・シリア

・レポート
「連帯ユニオン関生支部への労働組合つぶし大弾圧を許さない! 11・24集会」

<連載>
・康玲子 時代の曲がり角で 第59回 世代交代に思う(2)
・舘明子 Meikoのドレスデン滞在記(8)
・大橋さゆり 弁護士Oの何かと忙しい日々 第46回 「労働の「今」を語る、私の3テーマ」
・西尾幸治(本誌編集員) ラテンアメリカの現在 第6回 ボリビアとチリ、2つの「勝利」
・コミックアジェンダ 第34回「ハイキュー」作:古舘春一
・シリーズ 農ある暮らしの作り方 第4回 京都のコミュニティ菜園

2020年12月15日発行 1冊600円(税別)